2004年09月30日

秋晴れ・芸術・台風一過

夜のうちに台風が過ぎると嬉しい。なぜなら、翌朝、仕事に出かけるために扉を開けると、小さくではあるが富士山が見えるからだ。強風は空気を綺麗にしてくれる。

秋と言えば芸術。
ここはギャラリーらしい。だが、ただの安物シャツ屋にしか見えない。奥にギャラリーがあるようだ。今、見えているのは、きっとミュージアムショップ。

m-shop
posted by 石井和裕 at 22:24| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | 不思議な社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

せきゃいの中心で愛を叫ぶ

sekichu

せきゃいの中心で愛を叫ぶ
posted by 石井和裕 at 20:49| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宿の街

新宿のマルイがリニューアルを続けている。○IYOUNGは1階と地下が109のような雰囲気になっていた。そして、地下街のサブナードを久しぶりに歩いたのだが、ファッションテナントのほとんどはド派手。歌舞伎町で客引きをする女の子が着るようなファッションと、歌舞伎町で飲んでいる女の子が着るようなファッションが混在しているショップがほとんどだ。地上に上がれば歌舞伎町。

newjyuku

きっと、ここで買い物をするのは、歌舞伎町にお勤めの女の子ばかりなのだろう。昼間はガラガラだ。
posted by 石井和裕 at 01:12| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 不思議な社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

エースをねらえ!

国立競技場で応援しているマリノスが、『エース』と呼ばれていた男のご乱心で崩れ、情けない試合。今夜はエースをねらえを見て、キモチを持ち直そうかと思ったが、試合後に会社で始めた仕事で徹夜。やっと録画を見た。

今回の放送は特番で、アニメの「新エースをねらえ」の前半に相当する。原作では7巻以降。この「新エースをねらえ」は、主役は岡ひろみなのだが、どちらかというと、彼女に追い抜かれていった人々が、彼女を支える物語だ。「あの宝石をつぶしてはならない」と。

テレビは、そのイイトコドリで巧くできていた。名台詞も散りばめられ、涙も誘った。贅沢を言えば、お蝶夫人の役割が軽すぎること。寺へ連れていったのは、本当はお蝶夫人だ。このあたりは、キャスティングした俳優達の出番調整もあるから仕方ないのだろう。

エース


この一球は絶対無二の一球なり。心身をあげて一打すべし。この一球一打に技をみがき、体力を鍛え精神力を養うべきなり。この一打に今の自己を発揮すべし。これを庭球する心という。(福田雅之助)

それはただの物にすぎない。しかし、ひとたびプレーヤーがトスして打てば魂がこもる!打つか、さぁどうする!

posted by 石井和裕 at 09:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 不思議なエンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

満席

man
予約もできない。
posted by 石井和裕 at 01:40| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(4) | 不思議な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

遠距離

人の心って遠くにあるよね。

ジャス
posted by 石井和裕 at 08:29| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 不思議な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

ディープ・ブルー

ヴァージンシネマで映画を見てきた。ディープ・ブルーはBBCが底力を見せつけるかのようなドキュメンタリー映画。シャチが凄かった、ね。
posted by 石井和裕 at 00:57| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(3) | 不思議なエンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月20日

イタリアン

最近、あまり美味しい店を新規で開拓していないのだが、ちょっと気分で気に入っているイタリアンについて紹介する。きっと、都内には、もっともっと美味しくてサービスの良い店はあるのだろうけれども、今は、ここが紹介できる限界。

オタリア

IL BUTTERO

広尾商店街から脇道を入ったところにある一軒家。トスカーナ料理なので、パスタやピザよりも肉料理の美味さが抜群。

ランチなら1600円でドルチェもつきます。

広尾から恵比寿までの明治通沿いって、イタリア料理屋だらけになりましたねぇ。
posted by 石井和裕 at 13:51| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月18日

馬の耳に念仏

「ウララを助けて」調教師が涙で訴え。

「ファンが応援していたのは、負けても負けても走り続けるウララのネバーギブアップの心。」

心って言われてもねぇ・・・。

昔、たけしのオールナイトニッポンで、ハイセイコーかなんかが死んで葬儀が行われてことについて

「これがよぉ、まさに『馬の耳に念仏』でさぁ・・・。」
「ひゃぁっはっはつ、坊さん来ちゃて、念仏、まさにっ。」
(合いの手:高田文夫)

ってのを想い出しましたよ。
posted by 石井和裕 at 11:49| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(5) | 不思議な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上空の爆音

先日、仕事で多摩センターへ行った。すっかり寝過ごしてしまって終点の橋本から戻ってきた。まだ眠い気分で駅前の一直線の通りを歩いていると、眠気がぶっ飛ぶような高音の爆音が天を切り裂いた。

こういう感覚は忘れていた。
成田や羽田へ飛ぶ飛行機とは明らかにシルエットの違う機体が2機、青空を一瞬で飛び去っていった。

私の通っていた高校は米海軍厚木基地の着陸経路の下にあった。ちょうど、滑走路へのルートにはいるために旋回する場所だ。だから、飛行機のスピードは遅く、機体に描かれた文字が読めた。パイロットの顔が見えるときもある。高度が低いからだ。
学校の窓は、これまでに二度と見たことがないような分厚いサッシで出来ている。床から天井まで届く巨大な壁のようなエアコンは、電気代がかさむので使われていない。おそらく、米軍の補償で作られた設備だろう。夏には窓は開いたまま。だから、授業はよく中断した。

厚木基地については、こちらを参照。
http://www.cityfujisawa.ne.jp/~t.a.arai/takashi/atugikiti/atsugikiti.htm

上空を飛ぶ米軍。それを想像できるのは、機影を見上げたことがある人だけだ。だから、事態は進展しない。

といいつつも、厚木に住んでいるときは、厚木基地や座間キャンプ(陸軍司令部、ジェンキンスさんが行ったところ)の基地内で行われる盆ダンス・フェスティバルには毎年行ったし、チリドッグ美味い、座間のクラブではトラブル・ファンクを初めて知った衝撃、などなど、すっかり甘い地域対策の蜜に誤魔化された生活を送ってしまったりしている、複雑な心境だったりもする。
posted by 石井和裕 at 11:22| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 不思議な社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

ナンノ

南野陽子が週刊プレーボーイのトップをとっている。

みなみ

中山美穂、佐野量子、大西結花、本田美奈子、井森美幸、森口博子、網浜直子、佐野量子、斉藤由貴、工藤静香、松本典子らと同期デビュー。名作「スケバン刑事」で日本アカデミー賞新人俳優賞を穫ったのは1987年。「寒椿」で初脱ぎが1992年。ビジュアルが劣化しない元アイドルだ。
posted by 石井和裕 at 00:26| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 不思議なエンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

ずっと幻のままなんです。

ぱん
posted by 石井和裕 at 07:02| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェッカーズの皮肉

クロベエを送る会が分裂。
タカモクが出版した本の解散に関するフミヤの描写が原因なんだそうだ。会の発起人に入れなかったタカモクとマサハル。故人の両親も望んでいたことなのに発起人にはなれなかった。
なんか、結局は本に書いてあることを証明してしまった感じ。

高校生の時に、当然、チェッカーズカットっぽい前髪をしていました。時と地位は人を変えるね。
posted by 石井和裕 at 06:41| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 不思議な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月13日

大和高校同窓生

もう、高校を卒業してから、ほとんど会っていない、古い古い友人からメールが来た。下の写真だ。座間市役所のトイレ(個室)に貼ったあった貼り紙なんだそうだ。

座間

そもそも、彼は、私が運営しているmalicia webにたまたまアクセスしてメールで連絡をとってくれた。そして投稿。ありがたいことだ。

ちなみに、高校時代の知人で、過去3年以内に会ったのは、この男だけだと思う。彼もwebで私を発見したのだという。
http://www.nix.tsurumi.yokohama.jp
しかも、15年以上たっての再会は国立競技場。
posted by 石井和裕 at 00:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | 不思議な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

Jリーガーvs池田家

田中隼磨の嫁といえば、サッカーファンの間では、もともとかなり有名な女性だった。その彼女が、すでに離婚していてK-1の山本KIDと再婚するらしい。VIVIのモデルというのは、他にもかなり派手な行動で話題になっている子が多い気がする。

さてさて、山本KIDといえば、元女子レスリングの女王の山本美憂
の弟だ。山本美憂はレッズの池田伸康と結婚し一児をもうけた後に離婚。その相手は、プライドで活躍したエンセン井上。となると、パッと見は、格闘家の連勝のように思えるが、そうは簡単なことではない。エンセン井上は山本美憂をゲットした頃から戦績が下り坂となる。そして、あっさりと引退してしまった。しかも、エンセン井上は「君はリングの上で死ねるか」という言葉をキャッチフレーズにしていたくらいだから、結婚して弱くなって引退というのは、かなりこっぱずかしい。対する池田伸康も、すっかりフォームを崩し、J2に移籍するものの、派手な活躍無しに姿を消す。

つまり、痛み分けだ。

田中隼磨は9月12日、つまり写真週刊誌の記事が出た後、最初の試合で、素晴らしい活躍をした。Jリーガーvs池田家の第2ラウンドの勝者はどっちだ?

私は、もちろん田中隼磨を応援する。
posted by 石井和裕 at 23:52| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(4) | 不思議なスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月08日

温泉表示

「温泉学会」が不当表示を批判、法改正求める決議をしたのだという。温泉に対する信頼は失墜した。まずは疑いの目で見ることから始まる。
実は、今年の春にエコパへ遠征する際、静岡のある温泉地に宿泊するかを検討した。温泉地にあるのだが、2軒の宿泊施設は表記が曖昧で、本当に温泉なのかが判りにくく、何度もパンフレットやwebを読み直した。結局、宿泊はしなかったのだが、その宿泊施設2軒は、後に不当な温泉表記をしていたことで記事になった。

たま

ところで、世の中に出回っている「温泉卵」のうち、本当に温泉でゆでたモノは、全体の何割くらいあるのだろう。
posted by 石井和裕 at 00:46| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 不思議な社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月07日

華氏911

映画を見に行くとき、期待に胸を膨らませていく?
私は、出来る限り前知識無く、無の状態で映画館へ入りたい。だから、可能であれば予告編すら見たくない。webで情報入手なんて、事前には間違っても行わない。華氏911は、かなりのシーンが、すでにテレビで取り上げられている。露出が多すぎたようだ。
マイケル・ムーアの面白さが出ているのは、テレビシリーズの方かな。TSUTAYAなどで借りられる。

T
posted by 石井和裕 at 05:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 不思議なエンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月06日

対立と理解

感覚的に違和感を感じるときがある。自分以外の人の行動が、理解できないときがある。でも、自分以外の立場に置き換えて考えてみれば、たいていの場合は、どんな違和感のある考えや現象も、何らかの解釈はすることができるはずだ。

擬音
posted by 石井和裕 at 06:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議な社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月03日

ナベツネ大好き(ちょっとだけ)

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20040903&a=20040903-00000005-mai-spo

やるなぁ、ナベツネ。これは、かなりヒットだ。
祝2リーグ制。
さぁ、セのオーナー諸君は本音で喋らなくちゃならなくなったね。こりゃ、ハッスルの高田並の面白さだよ。いや、スマックダウン並だよ、ビンズ!
posted by 石井和裕 at 23:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議なスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月02日

外国人

私の家の近くにはインド人がたくさん住んでいる。

おみ

京都にあったおみくじベンダー。
posted by 石井和裕 at 23:52| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(1) | 不思議な社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。