2004年12月31日

2004年を振り返る

まもなく2004年が終わろうとしています。

今年は、仕事の上では、史上最悪といってもいい年でした。といって、来年が今年よりマシ、という保証はどこにもありませんが。とにかく良かったことを想い出すのが難しいくらい。そういえば、夏休みもとらなかったな。あまり仕事もしていないのに。

でも、全体的には、良かったこともたくさんありました。
横浜F・マリノスのJリーグ連覇。
友達が増えた。
・・・あれ、こんなもんか。
でも、今まで、顔を見たことがあるだけで言葉をほとんど交わしたこともなかった人と、かなり親しくなったり、実りある一年でした。特に後半。

こんな私とお付き合いいただいた皆さん、一年間、ありがとうございました。
来年も変わらず、馬鹿馬鹿しいことを馬鹿馬鹿しく、真面目なことは、もっと真面目に、正直に生きて行こうと思います。

みなさんの2005年に幸運を。
Happy New Year .
posted by 石井和裕 at 01:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | 不思議な社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

セレブ

今年の流行語の一つが「セレブ」。ただ、もう原型をとどめていない使い方も氾濫していてめちゃくちゃです。ある女性ファッション誌の「カジュアル・セレブ会」なんて、どこがセレブだ!って責任者を呼びたいくらいです。

こういうステイタス層を表す言葉は、飽きられると、また次のが出てくる。来年には新しいのが流行るかもしれませんね。

さて、セレブの決定版のような商品を見つけました。

hana

怖いね。
posted by 石井和裕 at 09:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議な社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

TSUNAMI

CNNをずっと見ていた。全ての番組を変更して、ずっとレポートしている。国内のニュースでは流れない映像もたくさんある。ラリーキング・ライブにはアナン国連事務総長が電話インタビューで出演していた。人が流されていく。美しいはずのビーチリゾートで茶色く濁った波に。

タイには2度、マレーシアには1度行ったことがある。今後も行くことがあるだろう。現地で、どうすれば、このような危機を察知することができるのだろう。警報などは出るのだろうか。それを理解することはできるのだろうか。

CNNの画面左下には、ずっとこの文字が出ていた。
「TSUNAMI」
日本語をルーツとする言葉なんだそうだ。
posted by 石井和裕 at 11:11| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(3) | 不思議な社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津波と家庭用ビデオカメラ

津波をビデオで見たのは初めてかもしれない。恐ろしい。想像をはるかに超えるスピードと破壊力だ。その映像の大半は観光客が撮影した家庭用ビデオ。中には、高い位置からではなく、身の危険を感じてしまうような目線で津波を受け止めている映像もある。もしかすると、撮影していて津波に巻き込まれて死亡した人もいるのではないだろうか。
posted by 石井和裕 at 00:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

PSP

虚構新聞によるとPSPを巡って大変なことが起きているらしい。
http://www.f7.dion.ne.jp/~moorend/news/index.html

さて、話題のPSPだが、電車の中で熱中している人も多く見られるようになった。今年の流行的にはipodだったけれど、来年は、きっとポータブルゲームの覇権が任天堂とソニーの間で、激しく争われるんだろうね。

さて、少し前のことになるが、丸キューブで、久々に感動的な商品展示に出会った。それが、そのPSP。
PSP

たくさんのマネキンが並んでいる。その大半はサンタクロースの衣装を着た仮装中という雰囲気。なかにはルチャドールもいる。これはウルティモ・ドラゴンのマスクだね。向こうに見えるのはエル・ソラールだ。その手に持つのがPSPなのだ。しかも、ただ持っているだけでなく、きちんとデモ画面が上映されている。予想以上に綺麗な画面だ。

どうやって、デモ画面を見たの?って、そりゃあ、まるで友達がPSPに熱中しているのを肩越しにのぞき込むかのようにマネキンに頬を寄せて見たんですよ。
posted by 石井和裕 at 08:11| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(3) | 不思議な社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

クリスマスに思うこと

敬虔なクリスチャンでもないのだが、クリスマスイブには、なんとなく1年を振り返り、様々な事柄、いろいろな人々に感謝の気持ちを新たにしている。それが毎年のこと。そもそも、クリスマスイブに楽しい出来事があった思い出がない。酷いときには、印刷業者が納品物の梱包を誤ってしまい、早朝から特急列車で水戸へ行き梱包をやり直し、筑波へ、そして、取手でクリスマスイブを迎え、終電近くで神楽坂に帰ってきた、という年もあった。

今年は、前日から、どうにもならない仕事の展開もあって、夜の六本木、銀座、汐留、浜松町を駆けたが満足な対応を見つけることはできなかった、ほかにもいろいろなことが起きて
「これはもう、今年一年、きちんとした仕事をしてこなかったことへの罰としか理解のしようがない。」
という想いが頭の中を巡った。

Xmas

Jリーグ・チャンピオンシップ以来、まったく、このサイトを更新できなくて申し訳ありませんでした。何度もアクセスしてくださった皆さん、今後とも、よろしくお願いします。でも、さすがに12月24日は30名ほどの方しか見てくれていないみたい。それは、ちょっと安心した。
posted by 石井和裕 at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議な社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

言葉狩り

北野監督の座頭市をテレビでやっていた。チャンネルを回しているとラスト10分にぶつかった。映画館でも見たこの映画。DVDも買った。何となく見ていると、やはりカット。

「誰が殺すか・・・。」

の後のセリフはバッサリと切り捨てられていた。この映画は意識的に「放送禁止用語」をセリフに織り交ぜている。その意味は終盤になると解る。だが、セリフがカットされているとはね。
posted by 石井和裕 at 23:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 不思議なエンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。