2005年01月30日

レゲエバー

もう、かなり昔のことだが、星条旗通りの「ピジョン」と新宿2丁目の「69」にはよく行っていた。飯倉の「ホットコロッケ」とかも。ジャパンスプラッシュも行ったし、シャバの日比谷野音のライブも行った。

最近、面白い店を見つけた。
9miles。
レゲエーなのだが、ちょとヘンだ。12時から30時までやっている。ランチタイムは14時まで。14時以降もやっている。フードメニューが豊富。ピザやパスタがたくさんある。カウンターの女の子が可愛かったので、ついついいろいろ聞いてみたのだが、メニューには「刺身の盛り合わせ」まであったぞ!!店の特徴を聞いたところ「毎日、築地で仕入れています。」って普通はレゲエバーのウリじゃぁないだろ。ギネスもあるし。

SH530002.JPG

ちょっと外れにあって、ゆったりと余裕のあるスペース。気に入った。何度も行くと思う。

ボブ・マーリィの「NO WOMAN NO CRY」がグラミーの殿堂入りをしたんだってね。いいことだ。
posted by 石井和裕 at 08:59| 東京 🌁| Comment(66) | TrackBack(6) | 不思議な食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

お笑いブーム

ルミネ・ザ・よしもとが新宿にオープンするとき、記念イベントをやった。念入りに警備計画を立てた。事故と紙一重の仕事だった。元旦の朝5時に集合して、ルミネで初日の出を見た。あの頃、前座だったタレント達も、今では立派な売れっ子。

さて、今、一番好きなタレントは、幻のタレントだったはずの「猫ひろし」。最近はテレビで見かけるようになってきた。笑いのツボが分かりにくいので、一般には受けない。が、これが、ピンポイント効くんだな。らっせら〜らっせら〜。

http://nekohiroshi.com/
posted by 石井和裕 at 17:50| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 不思議なエンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アトミックカフェ

アトミックカフェというのは、戦後の原爆を題材にした歌をBGMにして、アメリカのプロパガンダ映画を繋いだ映画だ。これはまいった。この映画を見ると、ブッシュが何を言おうと、アメリカの世論調査がどんな結果を出そうと、納得がいく。

「ピカッときたら、すぐに隠れる」

ってキャンペーンがあったのは知っている?ピクニックをしている家族が、空がピカッと光ってレジャーシートの下に隠れていたよ。即死だね。
posted by 石井和裕 at 02:25| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 不思議な社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月28日

チーズケーキ

最近、哀しいことがたくさん起きる。さらに、追い打ちをかける葬式。気分を変えるために、待ち合わせで立ち寄ったスタバでチーズケーキを頼んだ。日本では去年くらいからだったと思う、スタバにチーズケーキが入ったのは。初めて食べた。でも、数年前にクアラルンプールのスタバで食べたことがある。チョコレートケーキもだ。その時の印象は、とにかく濃厚で、スタバらしい思い味。東京で食べるチーズケーキも、ほぼ同じだった。

夜には、さらに追い打ちをかける哀しい出来事があったのだが、お腹が空かない。


ccake.jpg
posted by 石井和裕 at 23:55| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(2) | 不思議な食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月27日

顧問

NHKを追われた3人の役員が顧問に就任した。
顧問って何をするの?
posted by 石井和裕 at 22:06| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 不思議な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牛丼

牛丼が大好きな人がいる。丼が大好きな人がいる。でも「なっとう丼」って、ただの納豆ご飯とどう違うの。知っている人、教えて!!

donburi.jpg
posted by 石井和裕 at 06:59| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | 不思議な食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

品の良い中吊り

中吊り広告というのは、インパクトを重視して、内容を興味深く伝えなければならない媒体だ。だから程良く下品なことが求められるケースが多い。ここで紹介するのは、そんなことは論外だ。

yomenai.jpg

だって、文字が小さすぎて読めないんだよ。
posted by 石井和裕 at 07:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

Have a break,have a Kit Kat!!

受験の追い込みシーズンにKit Katにジャックされた山手線が走っている。鈴木杏が満開の桜に囲まれるビジュアル。中吊りは高校生活のさりげないシーン。

Have a break,have a Kit Kat!!
Kit Katはきっと勝つ。
サクサクとした歯触りと音は桜咲く。

kitsaku.jpg

きっと、サクラサクよ。
http://www.breaktown.com/
posted by 石井和裕 at 06:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

JJがキタ

いくら電車男が女性にウケているからって、これはまずいんじゃないの。JJ読者はどう思う?

jjkita.jpg
posted by 石井和裕 at 23:25| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

韓流 in トリトンスクエア

水原サムスン・ブルーウイングスのマフラーをして晴海へ行った。トリトンスクエアでサングラスを作ろうと、眼鏡屋に脚を踏み入れると「今日試合はあったのですか?」と店員に不意に聞かれた。「いや、ありませんよ。」
ブルーウイングスは韓国でも随一の人気サッカークラブだ。彼は、来日日程を見落として試合を見逃したと思ったのかもしれない。

サングラスを買い、店を出るときに彼は言った。

「アリガトゴジャイマイシタ。」

なぜか「ございました」が発音できないのは韓国人の特徴だ。彼は韓国から来て働いているようだ。接客は丁寧で感じが良かった。韓流っぽいビジュアルだったので女性に人気がありそうだ。イケメン韓国人男性が好きな女性は急げ!!

ブルーウイングスはA3でマリノスと、チャンピオンズリーグでジュビロと対戦する。
posted by 石井和裕 at 07:29| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 不思議なスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

麻布食堂

老舗の洋食屋というものがある。大外しということはないが、わざわざ食べに行くほどでもない、という味の店が多い。むしろ、老舗よりも、もう少しだけ顔が新しい店の方が美味い場合が多い。代表的なのは「満点星」。「66DINING 六本木六丁目食堂」もまずまずだ。

開店当初から大好きな洋食屋がある。場所は西麻布の脇道を入ったところ。「麻布食堂」という。カウンター席の小さな店だ。デミグラスソースは絶品。オムライスもメンチカツも美味い。交通の便が悪いが、わざわざ食べに行きたくなる店だ。

azabusyoku.jpg
posted by 石井和裕 at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

いちご

いちごが店頭にたくさん出てくると、春到来の期待が膨らむ。みんないちごが大好き。
でも、このいちごまつり、嘘ではないが違和感が・・・。

いちご
posted by 石井和裕 at 07:22| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(3) | 不思議な食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

OB OB訪問?

昼食を食べていると、隣の席に、学生のOB訪問らしい3名が座った。会社員が1名。スーツ。N村證券グループの会社らしい。学生の一人はダンサーをやっているらしい。
「社会人の人は、休日とかに、どうやって気を抜いているんだろうと思って・・・。」
という、血反吐を吐かせてやろうかと思う質問をしていたので、食欲をなくすところだった。が、会社員の質問を聞いて安心した。

「ゴルフはメンタルの比重が高いと思うんだよ。サッカーとかはやったことないけど、全身運動だから、ちょっと調子が悪くても何とかなると思うんだよ・・・。」

やったことないくせに、何を言ってるんだ、この大馬鹿者。
学生は、こんなことを言っていた。

「スキルの問題とかじゃなくて技術のことなんですけど・・・。」

あぁ、こんな学生の訪問を受けている、あんな会社員のいるN村證券グループの会社に栄光あれ!!
posted by 石井和裕 at 23:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

押井守監督作品

かなり遅れて、やっと「イノセンス」を見た。「GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊」と2日連続で見た。面白かった、けれど疲れた。見て良かったとは思ったが、「イノセンス」はあれで良かっただろうか。「GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊」と比べると、人形の気味悪さを見せつけるために遡った脚本に感じられたのは私の思いこみだろうか。
街の描写が凄いなと思っていたら、エンドロールに「森ビル」の名前があった。いやはや、森ビルは未来都市を確実に創りつつあるね。
posted by 石井和裕 at 06:10| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 不思議なエンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

古家

上野で昇龍の餃子を食べたいと思う。だが、長蛇の列。ならば、すぐ近くの2号店へ行く。だが、そこも長蛇の列。となれば、その隣の「古家」へ入る。「ゴガ」と読む。この店には韓国の鍋料理が豊富にある。そしてランチならばプルコギ定食が美味い。

goga

だが、この店もBGMは冬のソナタ。冬ソナグッズを売っている。韓流恐るべし。
posted by 石井和裕 at 16:47| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 不思議な食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

グッバイ、レーニン

DVDでドイツ映画の「グッバイ、レーニン!」を見た。

激動の欧州での物語だ。病に倒れた母はベルリンの壁崩壊を知らない。8ヶ月間の眠りの後に奇跡的に目を覚ます。だが、刺激は命取りになる。子供達は8ヶ月間に自分の国、東ドイツで起こったことを隠そうとする。

一応コメディなのだが、コネタは理解できないところが多いので、あまり笑えない。だが、テンポがよく、時間の経過を忘れさせる素晴らしい演出だ。特に、冒頭の静止画の連続と、レーニン像が出てくるシーンは、これぞ映画!
最近の日本映画は映画とテレビ作品の境界が曖昧になってきている気がするが、この映画の中には「これぞ映画!」と思わせる印象的なシーンがある。映画を見た、という気分にしてくれる素晴らしい作品。

サッカーファンは、イタリアワールドカップで西ドイツが優勝した際に、統一間近の東ドイツでも花火が上がり、街頭の大型テレビの前で祝福の騒ぎが起きたことを知っている。この映画には、その時の様子が出てくる。あの史上最悪の決勝戦の向こうには、こんな物語も同時進行していたのだな。

イタリア大会決勝について、よくご存知ない方は、こちらを参照。
http://www.malicia.org/1990final.html
posted by 石井和裕 at 07:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 不思議なエンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

ヴィーナスフォート

ヴィーナスフォートといえば、女性が買い物を楽しむ東京名所という印象をお持ちだろう。地方からの東京見物や、韓国、台湾、香港などからの旅行で来られる方が多い。だが、実は、私は好きで、よく行く。気に入ったブランドのショップがあること、家から意外と近いこと、1Fにin the roomがあることなどが、その理由だ。

ヴィーナスフォート

そのヴィーナスフォートにイートインコーナーがある。といっても、そこはワインカウンターがあり、客単価は1500円〜2000円近くと思われる。百貨店や遊戯施設のイートインコーナーを思い浮かべると、大きな乖離がある。客は女性グループとカップルが大半だ。

その一角に、こんな店がある。

くろば亭
http://www.venusfort.co.jp/shop/000166/

ここはとにかく美味い。というのも、この店を知ったのは、雑誌dancyu(ダンチュウ)からなのだ。ヴィーナスフォートとdancyu。この不思議な組み合わせが脚を向かわせた。そして思った。こんな料理を、買い物目的の女性だけに食べさせていては勿体ない。
posted by 石井和裕 at 07:31| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(4) | 不思議な食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

マッハ

ビデオを借りてマッハを見た。
この監督も、日本映画や日本のプロレス、それに日本の格闘ゲームがかなり好きだね。それに、もちろんジャッキー・チェンの映画も。

脚本は当たり前すぎるくらいに当たり前なんだけれど、格闘シーンは素晴らしい。そして冒頭の第一カットが良いね。ムエタイの美は、膝、肘、前蹴りにあるとあらためて実感したよ。
posted by 石井和裕 at 00:16| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 不思議なエンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

蔵粋(クラシック)

昨日は、毎年恒例の新年会で、友人が集まり18名が私の部屋で飲んでいた。そこに持ち込まれた一本の酒を紹介する。

clssic
http://hi-marugen.co.jp/osusume/osusume_sake200406.htm

酵母熟成のときにモーツアルトを聴かせ、まろやかな味わいを創り出したのだという。甘みが美味い酒だ。効果の真偽は分からないが、パーティー時に持ち込めば話が盛り上がることは間違えない。
posted by 石井和裕 at 17:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

手違い

店長って大変だね。いろいろあるんだろうなぁ。たぶん、書店とテナントの問題だとは思うけど。
告知の折り込みよりも、先に謝罪折り込みを見たから、ちゃんと告知の折り込みを探しちゃったよ。

kaba
posted by 石井和裕 at 12:06| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(6) | 不思議な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。