2005年06月01日

auシカ

結局、レッサーパンダは、みんな立つし、1kmを二本足で歩く犬も現れた。もう、驚くためには、2本足歩行するゲジゲジでも出さないことにはダメだ。


ところで、幻の動物が、ついに現れた。
あの「auしか」だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050601-00000024-zdn_m-sci

最初に沖縄で発見されたときは、凶暴な性格も持っていて、きのこを食べたりしたようだが、発見されたauシカは、見た目も、ちょっとおとなしそう。

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0504/25/news047.html

問題はボーダフォンだ。
「ボーダフォン・ノミ」って噂、ホント?
ノミ話が盛り上がってるよ。
posted by 石井和裕 at 20:57| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(4) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

上野土産

UENOと書いてある。東京限定とはいえ、上野土産だ。パンダをかぶっている。西郷さんの像、不忍池。だが、なぜ東京タワーなのだ。4個目は思いつかなかったのか。しかも3個目の絵は上野駅だ。ただの駅の建物だ。アメ横くらいは入れろよ。

511 009.jpg
posted by 石井和裕 at 00:37| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

OS X Tiger

3月に注文したPower Bookがやっと入荷した。
入荷がおくれた理由は、その間に新OSのTigerが発表されたからだと思った。だから、29日を過ぎて入荷すれば、Tigerを搭載しているのでは、と勝手に期待していた。受け取るときに、念のために聞いてみた。
「OSは何が載っているのですか?」
「Pantherです。」
あぁやっぱり。アップルだから、そんなもんだ。2000円でアップグレードはできるらしい。

powerbook.jpg

iMACからデータを一部転送中。そして、バロンドール表彰フィギアのミッシェル・プラティニ。
posted by 石井和裕 at 02:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

草月・花Avenue2005

「草月のいけばなは、型を学び、型をいけることを目的とするのではなく、自分の気持ちを
植物に託して自在にかたちをつくるもの。」
なのだそうだ。

表参道に行くと、それがよく解る。
http://www.enjoytokyo.jp/OD004Detail.html?EVENT_ID=12612
http://www.sogetsu.or.jp/
「草月・花Avenue2005」は表参道の歩道で展開されている草月のストリート展。プロデュースするのは、いけ ばな草月流第四代家元・勅使河原茜氏。草月の生け花は、他の流派とは違って「自由」な発想が許されているのだそうだ。表参道を歩くと、とても生け花とは思えない作品が続いている。例えば、アロエで球体を作ってしまったり、猫柳だけの作品があったり。

眺めながら歩くだけで、ちょっと驚く。

sogetsu_1.jpg

sogetsu_2.jpg

原宿・表参道の話題はblog検索するとたくさん出てくるが、このイベントについて触れたものが見つからない。
posted by 石井和裕 at 01:12| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(3) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

ダンヒル並木通り店

勤務環境が代わると、今まで見えなかったものがよく見える。平日深夜に原宿のカフェで打ち合わせをしていたが、他にも意外と、仕事の話をしているグループは多いようだ。ところで、銀座並木通りには2つのショップがリニューアルオープンした。一つはセリーヌ。もう一つはダンヒルだ。ダンヒルって、あんなに紫だったっけ。もっとシックでダンディーな印象があったが。

写真は、ダンヒルのオープンをPRするために集まったクラシックカーの軍団。と、駐車料金をパーキングメータから回収する普通の職員。妙な風景だった。

hillginza.jpg
posted by 石井和裕 at 12:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

ライブドア騒動の真の勝者は誰だ?

特をしたのはフジテレビかニッポン放送か、ライブドアか、リーマンブラザーズか、それとも・・・。いや、最も得をしたのは、ライブドア広報・乙部綾子さんだと思う。
http://blog.livedoor.jp/ld_ayako/
おそらく、PRIR(プリール)には、そんなことは書いていないとは思う。
http://www.fujisan.co.jp/Product/1281679792
posted by 石井和裕 at 06:29| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(14) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

田原俊彦ハッとしてグッ

昨日の新聞折り込みに凄い広告が入った。

top_img2.jpg

「新toshi宣言」
「ハッとしてお台場」
「グッときて銀座」
というぶっ飛んだコピー。マンションの名称も気恥ずかしい。こんなのありかよ!?
でも、これは、あのAPAホテルのグループの分譲マンションなんだそうだ。と聞くと、なんか納得?ビッグだぜ。はははははは。
posted by 石井和裕 at 00:44| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

BOSE

BOSEといえば、仕事で音響機器を手配するときに、スピーカーの当たり前のこととして接触していたブランド。そのBOSEの商品を初めて購入した。

Wave music system
wave_m.jpg
http://www.bose-export.com/personal_audio/wms/

以前の商品よりも一回りコンパクトになって部屋に置いても違和感がない。もちろん、音はBOSE。今まで、音に気を使った生活をしていなかったこともあるが、ホント素晴らしい。なんか、品の良いバーにでもいる感じ。藤原ヒロシのクラシックアルバムとジャズを聴いている。引っ越してから、今日までは、いつもMTVかスペースシャワーのかけっぱなしだったけれど、ちょっと生活が変わるかも。
posted by 石井和裕 at 01:26| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(3) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

品の良い中吊り

中吊り広告というのは、インパクトを重視して、内容を興味深く伝えなければならない媒体だ。だから程良く下品なことが求められるケースが多い。ここで紹介するのは、そんなことは論外だ。

yomenai.jpg

だって、文字が小さすぎて読めないんだよ。
posted by 石井和裕 at 07:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

Have a break,have a Kit Kat!!

受験の追い込みシーズンにKit Katにジャックされた山手線が走っている。鈴木杏が満開の桜に囲まれるビジュアル。中吊りは高校生活のさりげないシーン。

Have a break,have a Kit Kat!!
Kit Katはきっと勝つ。
サクサクとした歯触りと音は桜咲く。

kitsaku.jpg

きっと、サクラサクよ。
http://www.breaktown.com/
posted by 石井和裕 at 06:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

JJがキタ

いくら電車男が女性にウケているからって、これはまずいんじゃないの。JJ読者はどう思う?

jjkita.jpg
posted by 石井和裕 at 23:25| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

麻布食堂

老舗の洋食屋というものがある。大外しということはないが、わざわざ食べに行くほどでもない、という味の店が多い。むしろ、老舗よりも、もう少しだけ顔が新しい店の方が美味い場合が多い。代表的なのは「満点星」。「66DINING 六本木六丁目食堂」もまずまずだ。

開店当初から大好きな洋食屋がある。場所は西麻布の脇道を入ったところ。「麻布食堂」という。カウンター席の小さな店だ。デミグラスソースは絶品。オムライスもメンチカツも美味い。交通の便が悪いが、わざわざ食べに行きたくなる店だ。

azabusyoku.jpg
posted by 石井和裕 at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

蔵粋(クラシック)

昨日は、毎年恒例の新年会で、友人が集まり18名が私の部屋で飲んでいた。そこに持ち込まれた一本の酒を紹介する。

clssic
http://hi-marugen.co.jp/osusume/osusume_sake200406.htm

酵母熟成のときにモーツアルトを聴かせ、まろやかな味わいを創り出したのだという。甘みが美味い酒だ。効果の真偽は分からないが、パーティー時に持ち込めば話が盛り上がることは間違えない。
posted by 石井和裕 at 17:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

SALEの季節

世の中はセールの季節だ。30%OFF、50%OFFの派手なPOPが店頭を飾っている。数年前から加熱して、今や初売り翌日からのセールは当たり前。イクスピアリのように元旦からセールを行っているところもあるし、ブランドによっては上顧客にDMを発送し、12月にはプレセールとして密かに割引販売をしている。

でもTAKEO KIKUCHは、どのファッションビルでも1月5日開始が多いんだけれど、なぜだろう。

osyare

新橋駅前にあるオシャレなブティック


kashimajin

地下鉄で見かけたオシャレなマフラーを身に付けた女性
posted by 石井和裕 at 06:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月13日

コカレストラン移転オープン

ビックカメラの上に移転した有楽町のコカレストランへ行った。タイスキを食べるのは久しぶりだ(タイシャブと言う人がいるがタイスキが正しい)。コカはバンコクに本店を持つタイスキの名店。日本参入時はブームとなり、渋谷パルコほか、何カ所かに店舗を展開していたが、今は有楽町と上野の2店舗。1998年にバンコクへ二度目の訪問をしたときには、すでにMKなど新興勢力が台頭していたが、その後、店舗をリニューアルしていたはず。

さて、久しぶりに食べると
「マジ!?こんなに美味かったっけ!!!???」
という美味さ。タレをおかわりしたら、店の人に驚かれた。といっても、タレの味が、以前よりも甘くなったような気がする。そういえばMKも、やや辛さを押さえて甘みがある味で人気になったはず。しばらく食べに行っていない人も行こうコカレストラン!

ところで西葛西には、私が知っているだけで、この10年で2つのタイ料理屋が1年持たずに短命で閉店している。でも、今回は満席の賑わい。美味いし安いし、長持ちしそうだ。

taikasai
これは、店内に貼っているメニューポスター。おそらく、店のタイ人は「アロエ」と「ヘルシー」と逆さに意味を覚えたと思われる。
posted by 石井和裕 at 18:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月27日

ホイチョイ

某所に打ち合わせに行った。
まったくの別件で受付が隣になった男が
「シロクマクリエイティブ(?)の●●と申しますが・・・。」
と言った瞬間に、吹き出しそうになった。

マジかよ。白クマ広告社ならぬシロクマクリエイティブ。
こんなのが実在するとは、知らなかった。
posted by 石井和裕 at 22:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

繁華街でのなでしこジャパン

ある繁華街を歩いているときに、声をかけられた。

「さぁ、お兄さん、キャバクラ!いかがですか、キャバクラ!なでしこ!!」

そのとき、僕の脳裏には、澤 穂希の顔が浮かんだ。
posted by 石井和裕 at 00:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

行列の出来る店

六本木ヒルズの行列は、そろそろ快勝しつつある。いまだに並ばなければならない店は、本当の人気店のみだ。虎屋と南翔饅頭店は、そのツートップといって良い。

さて、南翔饅頭店は六本木ヒルズはもちろんのこと、上海の本店も行列の出来る店だ。ところが、川崎の地下街アゼリアに出来た店舗は空いているという噂だ。チッタに行った帰りに寄ってみた。土曜日の20:30という時間でありながら、座席は1/4くらいしか埋まっていない。まさかと思ったが、空いていた。味は六本木と違いはなく、文句ナシの美味さだ。サービスも満点。

座った座席は全面ガラス張りの窓際。窓といっても外は地下街だ。見える風景は向かいの2つの店。パン屋のHOKUOとなめらかプリンのパステル。両店とも、通路まで人が行列を作っていた。
posted by 石井和裕 at 08:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月09日

稲庭うどん・古都里

最近、稲庭うどんはすっかりメジャーになった。もう、かなり前のことだが、水天宮と人形町の間に「古都里」という店ができた。箱崎とエアターミナルの近くだ。小さな店だが味が良く列が出来た。たまたま、勤め先が、徒歩で5分くらいの距離だったので、見つけてよく食べに行った。

その「古都里」が八重洲に進出した。場所は八重洲の地下街。八重洲の地下街は、近年、リニューアルが巧くいっている。特に「ラーメン激戦区」というネーミングで全国のラーメン屋を集めたエリアは人気が高い。「激戦区」とは良いネーミングだ。10月29日にオープンしたエリアは「黒塀横町」という。やや懐かしい街並みの趣だ。そこに「古都里」はオープンした。割烹なので料理がうまい。最後に、出汁が美味の稲庭うどんを食べる。

知っている小さな店がメジャーに進出していく。嬉しいことだ。東京駅の帰りにでも、寄ってみてほしい。
posted by 石井和裕 at 11:58| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

好きなスウィーツの店

私の好きな店を3つピックアップ。

3位 糖朝
青山の店は香港の店よりも洗練された内装。香港はクラシカルだった。マンゴープリンは味もビジュアルも同じ。豆腐花を日本に広めたのは、間違えなくこの店だ。相変わらず並ぶ必要がある様子。日本国内は高島屋が経営しているので店舗が増えている。

2位 パティスリー・ル・ラピュタ
チョコレート系も美味しいが、やはり、ここはチーズケーキ。しかも、ゴルゴンゾーラなど甘くないチーズケーキの種類が豊富。ただし、夕方には売り切れ。コーヒーには合わないのでシャンパンでいただく。

cake

1位 ル・スフレ
暖かいふわふわスフレを贅沢にいただく。昔は一軒家で、のんびり食べているとオヤジに怒られた。バブル期の地上げで周辺が全て駐車場になってしまい、最後に立ち退いて、現在のビルに移転した。店内は静かなので会話は弾まない。出てくるまでは、かなり待つ。
posted by 石井和裕 at 22:53| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 不思議なブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。